お帰りココしゃん

一昨日の土曜日、火葬をお願いしたお寺からお骨を引き取りに行ってきました。
11日ぶりにココしゃんが我が家へ戻ってきました。

e0169519_1145235.jpg


ココしゃんが逝ってしまうなんて、全く考えていなかったし、当たり前だけど準備もしていなかったので、如何してよいやら、翌日、動物病院の先生へ連絡して対応を教えてもらいました。

その時に、ココしゃんの亡骸を献体することを勧められました。
「献体」という言葉を聞いたとき、ドキッとしたけど、ココしゃんを献体する事を決めました。

ココしゃんの心臓の病気が発覚した時、犬の心筋症は研究が進んでいて治療法も薬も塩分調整したエサもあるけど、猫の心筋症は研究が進んでいないので確立した治療法がまだ無いと先生から言われました。

心筋症で苦しむココしゃんを見ていて、せめてもっと楽な治療法はなかったのかと思いました。
最後の瞬間は辛すぎて安楽死の方が良かったのではないかと思うほどだったので、、、
チンチラは心臓の持病持つ%が高い品種らしいので、少しでも猫の心臓病治療の研究に役立って欲しいと思ったので。

動物病院へ連絡したその日のうちに、先生がココしゃんを引き取りに来てくれて、その足で東京大学の大学院で解剖してもらったようです。
次の日に動物霊園のあるお寺に運ばれて、順番で火葬されることになっていました。
火葬の日程は事前に分からなくて終わったら通知が届いて、お骨を引き取るかそのまま納骨かを選択する段取になっていました。

通知は11/30の月曜日に届きました。通知によると11/28に荼毘に附されたとありました。
仕事が大変な時で、すぐにお休みが取れなくて土曜日にやっとココしゃんに会うことが出来ました。

電車とバスを乗り継いで、お寺へ行ってきました。
最初はそのまま納骨してもらおうかと思ったのだけど、お骨になったココしゃんを見たとたんに一緒に帰りたいと、このまま知らない所に置いておくことが可哀想に思えてしまって一緒に帰ってきました。 というか私がココしゃんのそばに居たいだけだったと思う。

帰りはお骨抱えてるは涙目で鼻水はでるはだったのでタクシーで帰ってきました。
なんだか車酔いしてしまうは、風邪をひいたようで今一つの体調ですが、ココしゃんがいるんだなぁという安心感みたいなものが感じられた週末でした。

なんでも魂は四十九日過ぎるとあの世へ行くそうで、それまではこの世にいるんだそうです。
なので、それまではココしゃんのお骨と一緒に居ようと思います。
[PR]

by coco_nekolife | 2015-12-07 02:58 | ココのこと | Comments(8)