人気ブログランキング |

さよなら ナッツ


ずいぶんとブログの更新もせず、過ごしておりましたが、ご連絡です。
8月1日にナッツが虹の橋へ逝ってしまいました。

東京キャットガーディアンさんから引き取った時に伝えてくれた年齢では16才、その時渡された予防接種の記録用紙の年齢では、推定23才でした。

e0169519_15551750.jpg
昨年11月頃のナッツ

先月7月15日の朝まで普通に元気だったのですが、21時ごろ帰宅すると左側が麻痺して上手く立てず真っ直ぐ歩けなくなっていました。
よたよた周りにぶつかりながら歩くという感じです。
本人が一番びっくりしていて、自分の思い通りに動かない身体に困惑しているようでした。
トイレも分からなくなっていました。

翌日、獣医師に電話で相談し、
歳も歳だし、病院につれてきてもナッツは咬みつきにゃんこなので、本人を病院へは連れて行かず、
飼い主がナッツの様子をビデオに撮ったものを見てもらうことにしました。

7月17日にビデオを見てもらって、ビタミン剤となんとかという粉薬を処方してもらいまいした。(名前忘れちゃいました)
その頃の梅雨寒で脳に何等かの損傷が出たみたいです。

この薬が劇的に効きまして、2~3日後には、歩き方はバタバタしましたが、自分で好きなところへ歩いていくし、ごはんも食べられるようになりましたし、大好きな牛乳はお変わりもするし、段差も飛び上がるし、トイレも分かるようになり、良いうんちも出ていましたし、かなり元気に復活していたのです。

このままだったら、ひと夏は大丈夫かもと思っていたのですが、7月31日のたぶん22時頃、本人はうんちをしたんですが、この時から様子がおかしくなっていたようです。
左側が硬直してしまって歩けなくなってしまいました。

このうんちした時、お世話係はうたた寝していて、ナッツの変化に気がついたのは深夜でした。
取り急ぎ、うんちで汚れたところは綺麗にしてその晩はお世話係が朝まで抱いていました。
もう、お水も飲めなくなってしまっていたので、心配でしたが、
翌日は、どうしても外出する用事があったので、一時外出して戻ってきたら、もう冷たくなっていました。

本当に、本当に、可哀想なことをしました。
ナッツ一人で逝かせてしまいました。

2010年12月31日に私のところに来てくれてから、8年と7カ月。
気がつけば、ここしゃんより長い付き合いとなっていました。

ナッツはFIPのキャリアだったのですが、FIPが発症したわけでは無いようです。
毎日のお薬をちゃんと飲んで、とっても良いにゃんこでした。

ナッツの亡骸は、ココしゃんと同じく東大の獣医学部へ献体をさせていただきました。
当時とはシステムが変わっているらしく、合同葬になるとのことで、お骨はお世話係のところへ戻っては来ないそうです。
お世話係の気持ちが落ち着いたら、会いに行きたいと思っています。

ナッツは本当に頑張りました。
生きるために一所懸命でした。
最後は辛かったけど寿命だったのかなと、自分を納得させています。

ナッツは、ココしゃんが逝ってからは、本当に可愛らしいお世話係にはベタベタな優しいにゃんこになって、お世話係の心を癒してくれる、天使のようなにゃんこでした。

生き物が居なくなった部屋は何だか静かすぎて落ち着きません。
お世話係は、結構、メンタルがやられておりまして、ナッツを献体した日から酷い風邪をひいた上に、数年調子のよかった腰痛症が再発しまして、かなり凹んでおります。
早く元気になってナッツの写真の整理をしなくてはね。

可愛い可愛いナッツ、虹の橋で待っててね。


# by coco_nekolife | 2019-08-05 18:30 | ナッツのこと | Comments(2)

毎日寝てばかり

今年になってからナッツは寝てばかり。
e0169519_17180663.jpg

おばあちゃんニャンコらしくなってきたのかな。


# by coco_nekolife | 2017-06-04 17:18 | ナッツのこと | Comments(0)

山椒の秘密

e0169519_12140420.jpg

5年ほど前に700円で買った葉山椒の植木。
すくすくと育ち立派になりましたが、昨年から葉がつくだけでなく、実がなるようになりました。

e0169519_12211338.jpg
葉山椒を買ったんですよ。実のならない葉っぱだけの山椒の木。雄の山椒だったはず。

昨年、突如、花らしきフワフワしたものがふたつほど出てきたと思ったら、緑色の実がなったのですよ。
雄の木から雌の木になるってあるのか?そんなこと。

でも、今年は、引越し先の気候が山椒と相性が良いようで、筍の季節に合わせて、たくさんの新芽と花のつぼみがつきました。
これまで筍が終った頃に新芽が出てきてたので、今年こそ筍の木芽和えを作って食べられそうです。とほくそ笑んでいたら、
毎年購入している、丹波地方の筍が今年は気温が上がらず収穫が遅れているようです。早く届かないかな。

e0169519_12140592.jpg

さて、春でも冬でも相変わらず元気なナッツです。
最近はあまり食べなくなってきました。
足腰もたまに怪しい時がありますが、強気なところは、衰え知らず。
最近はお世話係のベットの真ん中で寝てばかり。










# by coco_nekolife | 2017-04-12 11:05 | ベランダ園芸 | Comments(0)

一周忌

お久しぶりの投稿です。
お世話係もナッツも元気です。

e0169519_16553541.jpg
昨年の今日、ココしゃんが虹の橋へ逝ってしまってから、1年が経ちました。
あれから自宅の引越しもあって、色々と環境がかわりましたけど、お世話係もナッツも元気です。

この写真は今年のお誕生日に撮りました。
相変わらずの強面ですが、本ニャンはとってもご機嫌です。

最近はめっきり写真もとることもなく、
まぁ、ちょうど今は、マルガリータの状態なので撮影NGとナッツが申しておりますので少し前の写真です。

申年は荒れると言いますが、お世話係も色々とあった1年でした。

1年経ったのに、やっぱりココしゃんのことを思い出しちゃう度に、いまだ涙目なお世話です。
ぼつぼつ復帰していこうかと思っております。


ところでブログの投稿方法が変わっていたのね。
すっかり浦島太郎状態だわ。







# by coco_nekolife | 2016-11-24 19:03 | ココとナッツ | Comments(4)

お帰りココしゃん

一昨日の土曜日、火葬をお願いしたお寺からお骨を引き取りに行ってきました。
11日ぶりにココしゃんが我が家へ戻ってきました。

e0169519_1145235.jpg


ココしゃんが逝ってしまうなんて、全く考えていなかったし、当たり前だけど準備もしていなかったので、如何してよいやら、翌日、動物病院の先生へ連絡して対応を教えてもらいました。

その時に、ココしゃんの亡骸を献体することを勧められました。
「献体」という言葉を聞いたとき、ドキッとしたけど、ココしゃんを献体する事を決めました。

ココしゃんの心臓の病気が発覚した時、犬の心筋症は研究が進んでいて治療法も薬も塩分調整したエサもあるけど、猫の心筋症は研究が進んでいないので確立した治療法がまだ無いと先生から言われました。

心筋症で苦しむココしゃんを見ていて、せめてもっと楽な治療法はなかったのかと思いました。
最後の瞬間は辛すぎて安楽死の方が良かったのではないかと思うほどだったので、、、
チンチラは心臓の持病持つ%が高い品種らしいので、少しでも猫の心臓病治療の研究に役立って欲しいと思ったので。

動物病院へ連絡したその日のうちに、先生がココしゃんを引き取りに来てくれて、その足で東京大学の大学院で解剖してもらったようです。
次の日に動物霊園のあるお寺に運ばれて、順番で火葬されることになっていました。
火葬の日程は事前に分からなくて終わったら通知が届いて、お骨を引き取るかそのまま納骨かを選択する段取になっていました。

通知は11/30の月曜日に届きました。通知によると11/28に荼毘に附されたとありました。
仕事が大変な時で、すぐにお休みが取れなくて土曜日にやっとココしゃんに会うことが出来ました。

電車とバスを乗り継いで、お寺へ行ってきました。
最初はそのまま納骨してもらおうかと思ったのだけど、お骨になったココしゃんを見たとたんに一緒に帰りたいと、このまま知らない所に置いておくことが可哀想に思えてしまって一緒に帰ってきました。 というか私がココしゃんのそばに居たいだけだったと思う。

帰りはお骨抱えてるは涙目で鼻水はでるはだったのでタクシーで帰ってきました。
なんだか車酔いしてしまうは、風邪をひいたようで今一つの体調ですが、ココしゃんがいるんだなぁという安心感みたいなものが感じられた週末でした。

なんでも魂は四十九日過ぎるとあの世へ行くそうで、それまではこの世にいるんだそうです。
なので、それまではココしゃんのお骨と一緒に居ようと思います。

# by coco_nekolife | 2015-12-07 02:58 | ココのこと | Comments(8)